OZONEオゾンの効果

オゾンとは

オゾン(O3)という言葉を聞いたことはありますか?例えば、有害な紫外線から生物を守る「オゾン層」なら、ご存知の方も多いでしょう。オゾンは自然界に存在し、大気を自浄する働き(消臭・除菌)をしています。日差しの強い海岸などでは0.03~0.06ppm、森林では0.05~0.08ppmの濃度が観測されています。オゾンは基本的に目で確認できませんが、臭いとして確認することができます。森林などの爽やかな空気には、オゾンが含まれているのです。

オゾンは残留毒性がありません。

オゾンは酸素(O2)と酸素原子(O)によって構成されています。オゾン分子(O3)は、きわめて反応性の高い物質であり、時間とともに安定した酸素(O2)に戻ろうとする性質をもっており、反応後は残留物を出さない、きわめて安全な物質です。

オゾン除菌・消臭の秘密

オゾンの強い酸化力は、除菌や消臭において、その威力を発揮します。細菌や悪臭物質の成分の多くは、酸素原子と非常に反応が速いので、オゾンによる除菌・消臭はとても効果的なのです。芳香剤のように、悪臭を一時的に閉じ込めるのではなく、悪臭分子を酸化分解するので、臭いが戻ることはありません。もちろん、二次公害に繋がる有害な物質を出す心配も一切ありません。オゾンは、強力な除菌・消臭力を持ちながら、環境に限りなく優しい物質といえるでしょう。

オゾンの安全性

利用する場所や目的に応じて適切にオゾン濃度を設定すれば、危険性はありません。また、残留性が強い塩素などの薬剤と比べて、全く残留性がないということはオゾンの安全面において最大の特徴です。

今、時代がオゾンを求めています。

オゾンは現在、さまざまな業種・分野で注目を浴びています。ヨーロッパでは古くから、さまざまな分野でオゾンが利用されており、日本でも近年になって、医療・介護・食品など、あらゆる業種で活躍の場を広げています。オーニットでは、古くからオゾンに着目。岡山県の産・官・学の協力体制のもと、オゾン発生装置「低温プラズマ発生体」を開発(特許取得済み)。その技術力、開発力でお客様の幅広いニーズやご要望にお応えしております。

オゾンの効果

オゾンにより有害な細菌やウイルスの不活性化や臭いの原因となる悪臭分子を酸素と無臭成分に分解するなど
根本的なウイルス除去・除菌・消臭の効果を発揮します。

ウイルス除去

新型コロナウイルスに対する不活化効果の評価

オゾンは強力な酸化力を持ち殺菌作用に優れているため、ウイルス除去に効果を発揮します。また気体でも使用できるので部屋の隅々まで行きわたりウイルスをしっかり除去できます。
※低濃度(0.05ppm)オゾンガスでの検証データ

※オゾンにはウイルスを不活性化させる効果がありますが感染の予防を保証するものではありません。

消臭

低濃度オゾンガスによる脱臭性能テスト

オゾンが臭いの原因となる悪臭分子に反応し、無臭成分と酸素に分解するので安全で根本的な消臭効果を発揮します。
※低濃度(0.05ppm)オゾンガスでの検証データ

除菌

低濃度オゾンガスによる殺菌効果テスト 黄色ブドウ菌の減少率の変化 低濃度オゾンガスによる殺菌効果テスト 大腸菌の減少率の変化

大腸菌や黄色ブドウ球菌など有害な菌を強力に除菌します。オゾンによる除菌は細胞膜を破壊し細胞核が溶け菌が死滅しますので、耐性菌が発生する恐れはありません。
※低濃度(0.05ppm)オゾンガスでの検証データ

アレルゲン除去

低濃度オゾンガスによる対アレルゲン性能テスト

オゾンがアレルギーの原因となるアレルゲンに反応し分解するので安全で根本的な効果を発揮します。
※低濃度(0.08ppm)オゾンガスでの検証データ

その他

害虫忌避(ゴキブリ)
害虫の集合フェロモンの活性を消失させ生存に適さない環境となり、成長・繁殖が出来にくくなります。
カビ防止
バスルームなどカビの発生抑止に効果を発揮します。
鮮度保持
オゾンが野菜や果物から出る成熟ホルモン「エチレン」を分解し、成長を抑制します。また腐敗菌も除菌することで、より鮮度保持の効果が得られます。

CONTACTお問い合わせ

OCR

オーシーアール株式会社

〒709-0822 岡山県赤磐市岩田548-1

TEL:086-956-2266

修理・点検のお問い合わせ
オーニット株式会社 サービス部 (サービスセンター)

TEL:086-995-9155

CONTACT

メールでのお問い合わせはこちら

法人の方 個人の方